シミを消す美白化粧品ランキング

シミを消す美白化粧品ランキング

シミに有効な美白美容液

 

シミ対策には美白化粧品を使用する方が多いようですが、中でも、美白美容液が濃度も高めで効果があると言われています。しかし、美白美容液についても他のスキンケア商品同様に、数多くの種類があるため、どの商品を選んだらよいのか迷ってしまいますよね。
特に、美容液は安いものではありませんので、効果がそれほど実感できない美白美容液を買ってもしまうとかなり損した気分になります。
ここでは、美容液選びに悩む方のために、おすすめの美白美容液を紹介していきます。
大人ニキビにはこちらがおすすめ⇒ stjohnslutheranonline.org

 

l
No.1 ビーグレン

 

ビーグレンは「10年前まで肌時計を戻す」をコンセプトとし、予防型と漂白型のWケアでシミ対策を行っていきます。国際特許を取得済の独自の浸透技術を用いて、最先端美白のための成分を効率的に肌の奥深くまで浸透させます。メディアやCMでの宣伝活動は一切行っていませんが、商品の実力が認められ、多くの方から高い支持を得ている美白化粧品となりました。

 

No.2 ラグジュアリーホワイト

 

女性誌で度々取り上げられているラグジュアリーホワイトは、最優秀ベストコスメ大賞を獲得している美白化粧品です。全体的な美白とスポット美白と、あらゆる方向からシミへと作用します。皮膚の専門家が開発した商品で、肌トラブルで困っているたくさんの女性から満足の声が上がっているシミ対策化粧品です。

 

No.3 メラノコンセントレート

 

エイボンが販売を手掛けるメラノコンセントレートは、美白成分である「ビタミンCエチル」と新保湿成分である「ヒメフウロエキス」を配合しています。独自の技術を駆使してメラニンの生成とシミの予備軍を抑制します。シミ抑制に非常に効果があるため、人気が高まってきている美白美容液です。他の商品と比較して若干価格は高めとなっていますが、品質は確かです。

 

No.4 アスタリフト

 

4次元美白を行うことを売りにしているアスタリフトは、フジフイルムが販売を手掛ける美白化粧品です。肌表面に見えるシミだけではなく、肌の奥深くに存在するシミ予備軍「未来のシミ」までもブロックします。3種類の新美白テクノロジーを駆使してメラニンの生成をしっかりブロックします。

 

No.5 デルメッド

 

デルメッドホワイトニングシリーズは、製薬会社が開発した商品で、複合成分「ピュールブラン」配合となっていることが特徴で、使用した当日からシミの原因であるメラニンの抑制のために作用します。
美白成分の研究のために50年という歳月を費やしている製薬会社が開発を手掛けた商品であるため、効果は当然お墨付きのものとなっています。また、原材料も厳選しているため、敏感肌の方でも肌トラブルの心配なく使用できます。

 

 

・美白のために注意すべきこと

 

1.保湿が重要

 

シミを予防するためには、紫外線を浴びないように注意が必要です。特に、肌が乾燥していると、身体の抵抗力が落ち、紫外線によるダメージを受けやすくなります。
美白美容液を使用することも大切なのですが、紫外線から肌を守り、肌を保湿するように心がけることが大事です。
特に、夏期は保湿を怠ってしまいがちですが、冷房などで肌が乾燥しがちになります。そのため、冬と同様に保湿対策をするようにしてください。

 

2.ファンデーションは薄めに

 

ファンデーションは毎日使用するものですが、実はファンデーションはシミが消えにくくなる原因となっているのです。やはりファンデーションを1日中つけていると、肌に負担がかかってしまいます。特にリキッドファンデは注意しなければなりません。
しかし、外出するのにファンデーションを使用しないというのは無理なことですので、ファンデーションを薄めに塗ることで、シミ対策を行ってください。
シミが気になる部分にはしっかりファンデを塗り、それ以外の部分は薄付きにします。
もし、どうしてもシミのケアを行いたいのであれば、美容液ファンデーション「薬用クリアエステヴェール」をおすすめします。

 

3.日焼け止めは年間を通じて使用

 

紫外線が強いのは春や夏だけではありません。そのため、1年を通じて日焼け対策を行うことで、シミができにくくなります。
近年はUV効果が付与されているファンデーションや化粧下地が多数販売されています。秋冬はこのような商品で紫外線対策ができますが、春夏は日差しが強いため、ファンデーションや化粧下地に加えてUV効果のある商品を使用した方が良いでしょう。
このように述べると、SPFの高い日焼け止めを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、SPFが高いものは肌への負担もかかってしまいます。日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれているため、この成分が肌にダメージを与えてしまうのです。

 

SPF値は日焼け止めの効果の持続時間を示します。そのため、SPF値が20でも50でも、紫外線をブロックする効果は同じです。
SPF1だと15分間効果が持続するので、ちょっとした外出であればSPF20でも十分です。

 

 

更新履歴